Topニュース・お知らせ 旧 学研教育出版 > 【新商品情報】《センター試験 100 日前》 「マドンナ古文 Web」で センター対策講座スタート。さらにセンター古文の 過去 23年分の出題傾向 ・分析を無料公開 !

旧 学研教育出版

ニュース

【新商品情報】《センター試験 100 日前》 「マドンナ古文 Web」で センター対策講座スタート。さらにセンター古文の 過去 23年分の出題傾向 ・分析を無料公開 !

2013年10月10日

株式会社学研ホールディングス(東京・品川/社長:宮原博昭)および株式会社学研教育出版(東京・品川/社長:中村雅夫)は、「大学受験のマドンナ」こと荻野文子先生の映像授業を受講できる
マドンナ古文Web」にて、新講座「読解に強くなるセンター対策古文ゼミ」の受講申し込みを開始いたしました。
同時に、センター試験の古文の過去問題23年分を分析した資料であるマドンナ式「センター古文過去問分析シート」を「マドンナ古文Web」サイト上で無料公開いたします。
センター試験まであと100日となったこの時期に、出題傾向を押さえ、さらに本講座で読解力を強化し、センター試験の古文の突破力を身につけてください。

【講座概要】

講座名
読解に強くなるセンター対策古文ゼミ
対象
高3生、高卒生
受講開始日
2013年10月10日(木)
内容
設問の約8割が読解力で決まるセンター試験の古文。部分に振り回されず、全体の文脈を見極める読解力アップに重点を置いた講座です。
受講回数
90分×10回
受講料:
一式19,500円(税込、送料無料)

※無料会員登録をすると、本講座のサンプル動画をご覧いただけます。無料会員登録方法はサイトにてご確認ください。

【公開資料の概要】

資料名
センター古文過去問分析シート
内容
1990年から2013年までの出題傾向や設問分析がひとめで分かるデータ。要点を絞り込んだ効率の良い勉強をサポートする資料です。

※本資料は無料で閲覧可能です。また印刷・配布についてもご自由にお使いください。

「マドンナ古文Web」とは

予備校界で数多くの受験生を難関大合格に導いてきた、超人気講師である荻野文子先生の映像授業を受講できるサービスです。全15講座、基礎から難関大まで、全レベル対応。

対象
大学受験をめざす高3生・高卒生/高2生/高1生

★講座一覧はこちら

※無料会員登録をすると、全講座のサンプル動画をご覧いただけます。無料会員登録方法はサイトにてご確認ください。

※本講座はPC、タブレット端末、スマートフォンで閲覧できます

<本件に関するお問い合わせ>
株式会社学研教育出版 教育ソリューション事業部
〒141-8413 東京都品川区西五反田 2-11-8
TEL.03-6431-1190 e-mail:webgk@gakken.co.jp
※本講座の授業映像および教材の提供は、すべて著作権利者である荻野文子先生と株式会社学研教育出版との契約に基づくものです。

【参考情報】

荻野文子(おぎのあやこ)先生 プロフィール

荻野文子(おぎのあやこ)先生上智大学国文学科を卒業後、編集プロダクション勤務を経て、実家の書店を経営。大手予備校講師としては、代々木ゼミナールにおいて、初の女性講師として締め切り講座を続出させたことにより、「受験界のマドンナ」として一躍注目株となる。その後東進ハイスクールに移籍し、映像授業配信を中心とする新しい予備校形態の推進役となった。
受講生の厳しいアンケートで、常に圧倒的な支持を得てきたことで、名実ともにトップ講師として君臨している。学研より出版された参考書だけで、平成25年現在累計370万部を超える。そのほか、高等学校採択用テキストとして『新修古典文法』(京都書房)、一般書として『ヘタな人生論より徒然草』(河出文庫)など古典文学に関する書籍も多く、その文章が大学や高校の入試問題にも採用されている。 
また、NHKテレビ番組「100分de名著」において徒然草の解説講師を担当した。
現在、学研教育出版特別顧問。
主な著書:『マドンナ古文 パワーアップ版』『マドンナ古文単語230 パワーアップ版』『マドンナ古文常識217 パワーアップ版』ほか


【画像】


  • 受講生用ログイン画面

  • 講座選択画面

  • 冊子テキスト

  • 講座トップ画面

  • 受講時トップ画面

  • 講座映像

  • 受講確認テスト

  • 修了時達成テスト
    (スマートフォン版)

被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。被災地の皆様の安全と、一日も早い復興を、学研グループ一同、心よりお祈り申し上げますとともに、復興のためのご支援を引き続き、行ってまいります。【学研グループの取り組み】 東日本大震災復興支援学研グループの取り組み 熊本震災復興支援学研グループの取り組み

事業内容(出版事業)

  • 個人の皆様
  • 園・学校の皆様
  • 法人の皆様

事業内容(非出版事業)

  • 個人の皆様
  • 法人の皆様
  • 学校・教師の皆様