【授賞】第21回小川未明文学賞、受賞作決定(学研教育出版)

ニュース

2013.03.22

小川未明文学賞は、新潟県上越市出身の児童文学者、小川未明の文学精神を継承し、新しい時代にふさわしい創作児童文学作品を輩出する目的で平成4年に創設されました。

主催は、新潟県上越市と小川未明文学賞委員会で、学研は第9回より協賛しています。

この度行われました最終選考会では、下記のように受賞作品が決定いたしました。
なお贈呈式は、3月24日(日)、新潟県上越市の小川未明文学館で執り行われます。

第21回小川未明文学賞

応募総数 456編

大賞(1編)

「木かげの秘密」 浅野 竜さん(千葉県)

正賞:ブロンズ像「赤いろうそくと人魚」
賞金:100万円
副賞:陶板「妙高山」

優秀賞 (2編)

「くすぐりの木」と「しめ殺しの木」 島尻 勤子さん(沖縄県)

「じいちゃんが花をうえた日」 うのはら かいさん(神奈川県)

賞金:各20万円
副賞:陶板「妙高山」