学研プラスとANALYTIC MEASURES INCORPORATED、スピーキングアセスメントを展開

ニュース

2022.01.28

株式会社 学研ホールディングス(東京都品川区/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研プラス(東京都品川区/代表取締役社長兼COO:南條達也)とANALYTIC MEASURES INCORPORATED(Palo Alto, California/Co-Founder, President:Jared Bernstein)は、このたび、オンライン上で英語のスピーキング力を評価するアセスメントサービス「学研スピーキングアセスメント&フィードバック」を開発・展開します。まずは既存のサービスである「学研オンライン英会話 for School」に付加するコンテンツとして全国の中学校・高等学校に提供します。

【学研スピーキングアセスメント&フィードバックとは】
「スピーキングアセスメント&フィードバック」は「学研オンライン英会話 for School」をご導入校の先生方や生徒様の「自由な発話に対するフィードバックがほしい」「オンライン英会話の成果を定期的に確認したい」「手軽に受講できるアセスメントがほしい」といったご要望にお応えするために新たに開発した、オンライン上で受験ができる自由発話に対するフィードバックサービスです。機械と人による評価を組み合わせた「詳細版」と、機械による評価の「簡易版」の2種類から、用途や目的にあわせてお選びいただけます。
https://online-eikaiwa.gakken.jp/news/assessment/

【機械評価について】
スピーキング力を自動判定する機械評価エンジンは、米国シリコンバレー(カリフォルニア州パロアルト市)に本社を置くAnalytic Measures Incorporated (AMI)のAIによる自動採点テクノロジーサービスを利用しています。AMIは機械学習、音声評価、言語テスティングの専門家を有するEdTechの会社です。AMIのAI採点システムであるamiScoreでは、自動音声認識システム(ASR)と自然言語処理(NLP)の技術を駆使し、学習者の音声回答を多方面から分析しスピーキング力を評価します。amiScoreはhigh-stakesなアセスメントなどでグローバルに使用実績があり、様々なスピーキングタスクの採点を通して、言語能力、リーディング、ライティング、スピーキング、リスニング、コンテンツ知識などにおいて学習者へのフィードバックを提供しています。

【ANALYTIC MEASURES INCORPORATED】
Palo Alto, California 94301
President:Jared Bernstein
Email: support@analyticmeasures.com
URL:https://www.analyticmeasures.com/

【株式会社学研プラス】
東京都品川区西五反田2-11-8
代表取締役社長兼COO:南條達也
問合せ:英語教育事業室
Email:global-english@gakken.co.jp

Gakken Holdings Co., Ltd. (Shinagawa-ku, Tokyo / President: Hiroaki Miyahara) group company, Gakken Plus Co., Ltd. (Shinagawa-ku, Tokyo / President: Tatsuya Nanjo) and ANALYTIC MEASURES INCORPORATED (Palo Alto, California / Co- Founders, President: Jared Bernstein & CEO: Jian Cheng) have partnered to provide an automated scoring service for the “Gakken Speaking Assessment & Feedback”, an assessment service that evaluates English speaking ability online. Initially, this will be offered to junior and senior high schools nationwide as additional content of the existing service “Gakken Online English Conversation for Schools”.

[What is the Gakken Speaking Assessment & Feedback]
“Speaking Assessment & Feedback” is a new service added to “Gakken Online English Conversation for Schools” and targets the many who say “I want feedback on my speech” or “I want to check the results of my online English conversation level regularly”. This additional service offers feedback on open-ended speech that is captured online. This newly developed capability offers two options to test takers who want feedback: a “detailed analysis” that combines machine and human evaluation or a “simplified analysis that solely uses machine evaluation.
https://online-eikaiwa.gakken.jp/news/assessment/

[About the AI scoring engine]
The Artificial Intelligence (AI) scoring engine is provided by Analytic Measures Incorporated (AMI) in Palo Alto, California, U.S.A. AMI has a group of experts in AI, machine learning, speech evaluation, and language assessment. AMI’s AI scoring engine, amiScore, employs automatic speech recognition (ASR) and natural language processing (NLP) technology that automatically evaluates multiple aspects of spoken language to determine the speaker’s speaking ability. AMI’s amiScore has been used in many high-stakes assessment purposes globally to evaluate spoken-performance tasks and provide feedback on the participant’s speaking in multiple content areas, including reading, writing, speaking, listening, and content knowledge.

[ANALYTIC MEASURES INCORPORATED]
Palo Alto, California 94301
President: Jared Bernstein
Email: support@analyticmeasures.com
URL: https://www.analyticmeasures.com/

[Gakken Plus Co., Ltd.]
2-11-8 Nishigotanda, Shinagawa-ku, Tokyo
President: Tatsuya Nanjo
Inquiries: English Education Business Office
Email:global-english@gakken.co.jp