Top会社情報 > トップメッセージ

会社情報

トップメッセージ

株式会社 学研プラス 代表取締役社長 碇 秀行

私たち学研プラスは、あらゆる世代に「知る喜び」「学ぶ楽しさ」を提供する、信頼と安心のコンテンツ創造企業です。

株式会社学研プラスは、平成27年10月、学研グループの出版事業会社「学研マーケティング」「学研教育出版」「学研パブリッシング」の3社が合併して誕生いたしました。さらに、平成29年10月、電子出版及びデジタルサービスの事業を営む「ブックビヨンド」、および教育のICT化を推進する「学研教育アイ・シー・ティー」と合併し、事業拡大を推進しております。

私たちのルーツは、株式会社学習研究社にあります。戦後まだ間もない頃、物資や食料が不足していたのと同様に、子どもたちの読む本や雑誌なども欠乏していました。教育現場の深刻な状況を目の当たりにした故・古岡秀人は「戦後の復興は教育をおいてほかにない」という強い信念のもと、教材に事欠く子どもたちのために教育雑誌を出す出版社をつくろうと考え、株式会社学習研究社を創業しました。 以来、私たちは70年余りの永きにわたって、創業の精神にのっとり、『〇年の学習』『〇年の科学』などの出版物をはじめ多くの出版物の発行に取り組んでまいりました。

私たちは、いま、児童書、学習参考書、図鑑、一般向け書籍・雑誌まで、学びを核とした幅広いジャンルでコンテンツの開発創造に取り組んでいるほか、「学研ゼミ事業」「学研プライムゼミ事業」など教育コンテンツのデジタル・ICT展開、および受託、ライセンス事業、物販、イベントなど様々な事業を展開しています。
私たちが提供する「学び」は、教科学習、生きる力、あるいは大人の趣味実用まで生涯を心豊かにすごすためのものであることを心がけています。

学研プラスの社名には、
①「コンテンツ+1」(学研が所有するコンテンツに何かをプラスすることにより、より広く深いサービスを提供します)
②「学研+○○」(学研とお客様や他企業との協業、クリエイターなどとの繋がりによって、今までにない価値を提供します)の意味を込めました。
紙からデジタルへのシフト、書店業態の多様化など出版社を取り巻く環境は大きく変化しておりますが、 私たちは、多くのお客様の声に耳を傾け、出版を核とした信頼し安心してご活用いただける商品、サービスの開発提供に今後とも努めてまいります。

代表取締役社長 碇 秀行

被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。被災地の皆様の安全と、一日も早い復興を、学研グループ一同、心よりお祈り申し上げますとともに、復興のためのご支援を引き続き、行ってまいります。【学研グループの取り組み】 東日本大震災復興支援学研グループの取り組み 熊本震災復興支援学研グループの取り組み

事業内容(出版事業)

  • 個人のお客様
  • 園・学校関係のお客様
  • 法人のお客様

事業内容(出版プラス事業)

  • 個人のお客様
  • 法人のお客様
  • 学校関係のお客様