Topニュース・お知らせ >不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお知らせとお詫び

ニュース・お知らせ

ニュース

不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお知らせとお詫び

2018年12月26日

このたび、弊社が運営している「Beyond Publishing」のサイトに対して、第三者による不正アクセスがあったことが判明いたしました。
本件に関して、現時点で判明している不正アクセスの概要と対応について、下記のとおりご報告いたしますとともに、お客様をはじめとする皆様に対し、多大なご迷惑及びご心配をおかけいたしましたこと、深くお詫び申し上げます。
なお、不正アクセスの疑いのある痕跡が発見された当該サイトは、2018年12月20日に、サービス利用を停止いたしました。

1.不正アクセスの概要

(1)経緯
2018年12月19日に、サイト開発の委託先から当該サイトの脆弱性についての連絡が入りました。
直ちに調査を開始したところ、不正アクセスの痕跡があったことを確認したため、12月20日に、不正アクセスを受けた当該サイトのサービス停止を行うとともに、情報流出の可能性の調査を開始いたしました。

(2)流出の可能性がある個人情報
対象:「Beyond Publishing」の環境下で提供している「学研図書ライブラリー」サービスをご利用いただいている方
流出した可能性のある人数:最大712人
対象項目:氏名、ニックネーム、メールアドレス

2.現時点で実施している対応策について

速やかに不正アクセスを受けた当該サイトのサービス利用を停止しました。
個人情報の流出した可能性のある「学研図書ライブラリー」をご利用のお客様等にご連絡を差し上げるとともに、お客様窓口を設置いたしました。

3.今後の対応策について

弊社といたしましては、このたびの事態を厳粛に受け止め、原因の徹底究明を急ぐとともに、再発防止を徹底してまいります。

本件に関する お客様窓口

株式会社学研プラス コンテンツプロデュース部 eブックマーケティング室(村田・宮本)
電話03-6431-1240
電話受付時間:平日9時~17時(土日・祝日・12月31日~1月4日を除く)

被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。被災地の皆様の安全と、一日も早い復興を、学研グループ一同、心よりお祈り申し上げますとともに、復興のためのご支援を引き続き、行ってまいります。【学研グループの取り組み】 令和元年台風第19号復興支援学研グループの取り組み 平成30年台風21号および北海道地震支援学研グループの取り組み 平成30年7月豪雨復興支援学研グループの取り組み 熊本震災復興支援学研グループの取り組み 東日本大震災復興支援学研グループの取り組み

事業内容(出版事業)

  • 個人のお客様
  • 園・学校関係のお客様
  • 法人のお客様

事業内容(出版プラス事業)

  • 個人のお客様
  • 法人のお客様
  • 学校関係のお客様