Topニュース・お知らせ 旧 学研パブリッシング >『プロメテウスの罠3』が1月31日に発売! 福島原発事故を検証した、朝日新聞大反響連載の書籍化第3弾!!

旧 学研パブリッシング

ニュース

『プロメテウスの罠3』が1月31日に発売! 福島原発事故を検証した、朝日新聞大反響連載の書籍化第3弾!!

2013年1月28日

メルセデス・ベンツと日本の60年

株式会社学研ホールディングス(東京・品川/社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社学研パブリッシング(東京・品川/社長:増山敬祐)は、1月31日に『プロメテウスの罠3』(本体1238円)を発売します。
『プロメテウスの罠』は、朝日新聞連載記事を書籍化したもので、昨年の3月に第1弾、7月に第2弾を発売して、累計16万部突破のベストセラー作品です。

朝日新聞の連載は、福島原発事故の検証をテーマに、2011年10月から始まり、今も続いているロングランのルポルタージュ記事です。未曾有の放射能災害はなぜ起こったのか、被災者の苦悩はいったいいつまで続くのか、さらには東京電力、官僚、政治家の責任はどうなのかなど、独自の取材で切り込んでおり、2012年には、日本新聞協会賞、早稲田ジャーリズム大賞など、数々のノンフィクション賞を受賞しました。
今回の第3弾は、13シリーズから18シリーズまでをまとめて書籍化しています。

原発事故から、まもなくまる2年。一部では風化も始まっていますが、被災者の生活は破壊されたままです。また、除染作業の手抜きや不正、原発再稼動の問題、これからの日本の原発の在りかたなど、新たな問題が次々と発生しています。
福島原発事故は日本人にいったい何をもたらしたのか、気鋭の記者たちの検証はまだまだ続きます。3.11を忘れないためにも、こうした貴重な検証記事を、書籍にして、後世のために長く保存しなければならないと考えています。

被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。被災地の皆様の安全と、一日も早い復興を、学研グループ一同、心よりお祈り申し上げますとともに、復興のためのご支援を引き続き、行ってまいります。【学研グループの取り組み】 東日本大震災復興支援学研グループの取り組み 熊本震災復興支援学研グループの取り組み

事業内容(出版事業)

  • 個人のお客様
  • 園・学校関係のお客様
  • 法人のお客様

事業内容(出版プラス事業)

  • 個人のお客様
  • 法人のお客様
  • 学校関係のお客様